Wave Directions Inc.

当社が永年にわたって築き上げてきたお客様やビジネスパートナーとの信頼関係を維持継続し、よりよいサービスを提供し続けていくために、情報資産は最も重要なものです。
当社の主なる業務であるコミュニケーション戦略の立案や広告制作を通してお客様の商品価値の創造に貢献していく上で、情報資産を取り巻く各種の脅威から適切に保護していくために、高度なISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)は不可欠です。
今後当社では、広告、商品説明ツール等の各種印刷物、写真・図版等制作素材、映像、websiteをはじめとしたデジタルコンテンツ等、高品質なクリエイティブのためのデータベースとしての情報資産の蓄積はますます多様化していくと考えられます。
当社は、経営者を含む全社員が情報資産の価値と重要性を認識し、ISMS運用に取り組むために、以下に掲げる基本方針の下、情報セキュリティレベルの向上を図ってまいります。

  • 当社が取り扱う全ての有形・無形の情報資産を保護します。それらの情報資産には、当社の情報のみならず、お客様から預かっている情報資産も含みます。したがって、全社員ならびに就業形態を問わない全ての従業者に対して情報セキュリティの重要性を認識させ、情報資産および設備・機器の適正な管理と利用を周知徹底します。
  • 当社は、情報資産を、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん等の脅威から保護するために、情報セキュリティ委員会を設置し、その責任者として「CISO:Chief Information Security Officer」を任命します。
  • 当社は、取り扱う情報資産のリスクを評価するために、リスクアセスメントに対する組織としての取組み方を定義して実施し、リスクに応じた最適な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社の社員が万一情報セキュリティ対策に違反した場合は、就業規則などにより、懲戒処分を適用するものとします。
  • 当社は、個人情報保護法をはじめとする関連法規を遵守します。
  • 当基本方針は、常に見直しをし、継続的改善に努めます。

平成25年6月6日
株式会社 ウェイブディレクションズ
代表取締役社長 小野 訓右